赤ら顔を治す方法5選

赤ら顔を治す
「冬になると赤ら顔の状態が悪化してしまう」
「ほっぺたが赤くて田舎者ぽく見える」
「寒暖の差ですぐに赤ら顔になっちゃう」


こういった赤ら顔の症状で悩んではいませんか?

赤ら顔はその症状が顔に出てしまうので、当人はそれがすごく恥ずかしい思いをするため、悩みも非常に深刻です。

とくに外と室内の寒暖差が激しい冬の季節は、肌が敏感に反応しやすくなり、室内で1度顔が火照ってしまうとしばらく治まらないという場面が多くあります。

また、余計に顔に意識を集中させることで、自律神経が乱れさらに症状が悪化してしまうこともあります。

赤ら顔の症状は顔に出てしまうので、マスクをしたり、化粧を厚くする以外には隠すのもなかなか難しいものです。

しかし、あきらめる必要はありません。

赤ら顔はその原因がわかっている症状なので正しく対処することでその症状を抑えることが可能です。


このページでは赤ら顔を治す方法6選を紹介していますので、赤ら顔で悩んでいる人はその中から自分にあった方法を見つけてください。

1、皮膚を厚くし肌そのものを強くする

赤ら顔は、
「顔の皮膚が薄い」
「敏感肌」
「乾燥肌」
「血行が悪い」
「色白」

のどれかが原因であることがほどんでです。

おそらく赤ら顔の人は、このどれか、または複数該当するかと思います。

中でも皮膚が薄く敏感肌の体質であることが赤ら顔の原因の大半を占めます。

ですので赤ら顔を原因の根本である皮膚を厚くし、肌を強くすることで外部の刺激に対して反応しづらくなります。

では、そうするためにはどうしたら良いのか?それは次の方法が効果的です。
【肌を強くする方法】
洗面器を2つ用意し、そこへ冷水(氷水)と少し熱めのお湯を入れます。

そこへ交互に7秒ずつ顔を浸します。それを毎日朝晩10セットおこなうことで肌を強くし外部の刺激に鈍感にすることができます。(※最後は冷水で終わるようにします。)

終わった後は化粧水で肌が乾燥しないように保湿は必ずおこないましょう。(赤ら顔専用の化粧水ならなお良い)

2、赤ら顔専用の化粧水を毎日塗る

赤ら顔専用の化粧水を使用し毎日つけることで徐々に赤ら顔の症状を軽減することができます。

毎日、朝の洗顔後と夜のお風呂のあとにつけるようにしましょう。

ピオリナ ウルウ 白漢しろ彩
ピオリナ ULU しろ彩
特徴 医師もすすめる赤ら顔化粧水
赤ら顔、敏感肌のためのオールインワン化粧水 お肌の赤みの原因を研究し開発された化粧水
成分 オタネニンジン根
ブクリョウ
マグワ根皮エキス
スクワラン
トレハロース
セラミド
ショウガ根茎エキス
甘草
ブクリョウ
内容量 100ml 100ml 110ml
価格 1,980円 4,480円 3,600円
返金保障 30日間
なし 30日間
評価 ★★★★★
★★★★ ★★★
公式HP 公式サイト 公式サイト 公式サイト


3、冬の寒暖差をなくす

赤ら顔の症状が一番出やすいのが冬の気温が低い外から暖房の入った室内へ移った時です。

寒い外気で顔の血管が収縮している状態から暖かい空気に移ると顔の血管が一気に膨張します。そうなることで血流が良くなり赤ら顔の症状になるのです。

これを防ぐにはできるだけ外と室内の温度差を顔の皮膚に感知させないようにすることです。

方法としては、外出する際にはマスクとマフラーをし、できるだけ顔と首まわりの温度を下げないようにすることが効果的です。

そうすることで顔の肌の温度変化がなくなり血管の収縮と膨張が起こらなくなります。

4、血行を良くする

赤ら顔の人は末端冷え性の人が多くいます。とくに冬になると手や足の先が冷たくなってしまいます。

体の隅々にまで血の巡りが通っていない状態だと顔や頭に血が滞りやすくなり、赤ら顔の症状が出やすくなります。

ですので末端冷え性を解消することで赤ら顔の症状を緩和することができます。

末端冷え性を治すには次の方法が効果的です。

・手をグッパーする×100回
手をグーとパーにした時にギュッと力を入れるようにし、それをたくさん繰り返すだけで血行が良くなります。

・乾燥生姜などを頻繁に摂るようにする
とくに血行を良くする効果があるのが乾燥した生姜です。それを食事や飲み物などと一緒に摂ることで血行が良くなります。

生姜を天日で乾燥させるだけですので自分でも作れますが、乾燥生姜を粉末状にしてあるものも売られていますので、それだと料理や紅茶やお味噌汁などに入れられ便利です。

・呼吸法を整える
深く長い呼吸を意識的にすることで自律神経の乱れが抑えられ全身の血行が良くなります。

1、ゆーっくり鼻から息を吸い、そのまま吸えなくなるまで吸います。(7秒)

2、もう吸えないところで呼吸と止めます。(14秒)

3、ゆっくり口から長ーく息を出し切ります。(28秒)

これを繰り返します。数回繰り返すだけで気持ちが落ち着き指先の血行が良くなることが実感出来るようになります。

5、病院でレーザー治療

赤ら顔はレーザー光線で消すことができます。ただし、保険は利かず全額自己負担となります。

施術後はレーザーを当てた場所が1度かさぶたになり、治るまで1-2週間程度かかります。それ半年ごとに数回繰り返す。

また、レーザー治療をすれば100%赤ら顔が治るというわけでもありませんので、施術前に医師としっかり相談をしてからおこなうようにしましょう。

レーザー治療で赤ら顔を治すなら、できるだけ赤ら顔のレーザー治療経験が豊富な医師の元でおこなうことをお勧めします。

赤ら顔の原因、仕組み

赤ら顔は普通の人に比べ肌が薄く皮膚下の毛細血管が透けてしまっている症状です。

肌の色が白かったり、敏感肌の人に多く見られます。皮膚自体を強くしたり、外と室内の温度差を肌に受けさせないようにすることで症状を抑えることができます。

私はこうやって赤ら顔を治しました

【40歳:女性】
現在40歳のパート主婦です。

昔から赤ら顔が目立ちずっとコンプレックスを持って生きてきました。

子供から赤ら顔を指摘され、特に冬の寒い時期になるとリキッドファンデーションでも隠しきれないほど赤ら顔になってしまっていました。

また接客業でパートしているので、化粧しても隠しきれずチークのように目立ってしまいます。

これはちょっと改善した方がよいと職場の先輩からも言われたこともあり、自宅で出来るセルフマッサージや対策など検討することにしました。

若い頃は化粧しても赤ら顔はチークで可愛く反映されますが、40代になるとちょっと変という雰囲気になるので、少しずつ改善を試みました。

具体的な方法は、まず蒸しタオルを作り冷水と交互で顔を刺激するようにしました。

赤ら顔の人は敏感肌で皮膚が薄い人が多いので、これをすることで皮膚を丈夫にして外からの刺激に強くなるとのこと。

蒸しタオルと冷水は、1日2回、朝晩行うようにしました。また赤ら顔専用の美容液を購入しそれを毎日使用するようにしました。

これらを続けると3週間ほどで徐々に赤ら顔が目立たなくなり、顔もほっそりしてきました。

蒸しタオルと冷水も効果があったようで、毛穴が引き締まり素肌でも赤ら顔が目立たなくなり、とても嬉しいです。肌質が改善されてきたので毎日続けることにし、2ヶ月で赤ら顔はかなり改善されました。

【31歳 女性】
私は31歳の女性で会社員をしています。

私の肌の色は白くて皮膚が薄く、そのせいかすぐに頬っぺたが赤くなる赤ら顔がコンプレックスです。

特に寒い日に急に暖かい室内に入ったときや、お酒を飲んで身体が熱くなると一瞬で顔が赤くなってしまいます。

自分でも気にしているのですが、それを他人からリンゴ病みたいだねとか、小さい子どもみたい等とからかわれるのが本当に嫌で仕方なく、洗面所に行っては両手で赤みがとれないか頬っぺたをマッサージしたりもしました。

調べてみると私の赤ら顔は、どうやら皮膚の毛細血管が寒さやアルコールなどの刺激で膨張し、赤みが浮き出てしまっていることが原因。

美容皮膚科でレーザー治療をするしか根本的な治療法は無いようで半ばあきらめていました。

そんな時、同じように赤ら顔で悩む妹から、冷え性改善とリラックスのため週に1回岩盤浴に通っていたら、何だか頬の赤みが取れてきた気がするということを聞きました。

私も妹もとても冷え性なのですが、この冷えが身体の血流を滞らせちょっとした刺激に敏感になり血管が膨張して赤ら顔となって表れるそうなのです。

岩盤浴が良いとは初めて聞いたのですが、早速私も妹と一緒に通ってみることにしました。

すると私は汗をかきづらい体質なのですが岩盤浴に通うと驚くほど汗が出て、いつもの手足の冷たさがとれて身体の芯からぽかぽかと発熱しているような感覚になりました。

そして次第に寒くても身体は暖かく感じられるようになり、急に暖房が効いている室内に入っても頬の赤みが出なくなったのです。

赤ら顔はレーザー治療しか方法は無いと思っていたのですが、冷え性の体質を改善することで赤ら顔も改善されるとは考えてみたことも無く、一石二鳥に得をした気分です。

赤ら顔で悩んでいて冷え性にも困っているという人は、岩盤浴で体質改善することをおすすめします。

【21歳:男性】
私は21歳の男子大学生です。数年前まで、顔全体や一部が赤くなるいわゆる「赤ら顔」にかなり悩まされていました。

皮膚が薄いせいか、寒くなると耳や鼻や頬が真っ赤になったりしていました。また、アルコールを摂取すると直ぐに真っ赤になってしまったものです。

それをとても恥ずかしく感じていて、顔がなるべく赤くならないよう願っていました。

しかし、そのように真剣に悩みを抱えているとは思わない友人は、私の赤ら顔をネタにしてからかっていました。

そのことが私にはとても耐えられず、改善方法を模索するようになりました。

色々と赤ら顔の対策方法を試した結果、今までに比べるとあまり顔が赤くなることがなくなり友人にそのことについてからかわれることもなくなりました。

それでは、どのようにして「赤ら顔」が改善できたかをご紹介したいと思います。

まず、毎朝、氷水とお湯を洗面器に入れて、交互に30秒ずつ浸かるのを5セット行うということを始めました。

これは、ネットで見つけた方法なのですが、これを毎日することで皮膚を丈夫にし外部からの刺激に強くすることができるということでした。

次に食生活を見直すことです。私は辛いものが大好きで、四川料理やカレーを頻繁に食べていましたが香辛料などの刺激物は血管を拡張させやすくする、ということを知ってからはこれらの食事を摂ることをなるだけ控えるようにしました。

アルコールやカフェインも同様の効果を示すので、酒類やエナジー飲料はできるだけ飲まないように努めました。

また、大量の水分を摂ることで身体のミネラルバランスが整えられ新陳代謝が促進されるため、肌をきれいに保つことができるようになりました。

その結果、3ヶ月ほど続けることで、赤ら顔もいくらか軽減させることができました。

赤ら顔の対処法として、レーザーなどの医療機関をお勧めされていることがありますが保険が効かないため10万円以上かかるようです。なので、まずは皮膚を丈夫にし、食習慣を見直すことから試してみてはいかがでしょうか。

【40歳:女性】
私は思春期以降から赤ら顔になりました。

高校時代は男子から「田舎もんの顔」などとからかわれるといういやな体験をしました。

化粧をする年齢になって、ファンデーションで赤ら顔を隠そうと試みましたがどのようにしても隠れませんでした。

そんな赤ら顔のおかげで長年自分の顔に自信が持てませんでした。

ある日、仕事先で皮膚科の医師と話す機会が出来たので思い切って悩みを打ち明けてみました。

すると医師は「あなたの頬は皮膚が薄く、また乾燥により赤く腫れた状態である」といいいました。

そして医師はシンプルなアドバイスをしました。

それは「洗顔時顔をこすりすぎない」ことと「頬の保湿に努める」という2点のみでした。

私にとって、まさに目からウロコでした。洗顔時スクラブ入りの洗顔料で毎朝ゴシゴシと、こすっていたからです。

また仕事の忙しさによる疲労で化粧を落とさずに眠ってしまうこともしばしばありました。

さっそくその日のうちからアドバイスを実践してみました。まず、洗顔料はスクラブ入りをやめました。

泡立つ洗顔料で、そっと洗うことに努めました。

保湿ですが、どんなに疲れていてもスキンケアを欠かさず行ってから眠るようにしました。

すると、およそ1か月経ったところ鏡をみると頬の赤みが薄くなってきた感じがしました。

現在もアドバイスを実践していますが、ほとんど赤ら顔は気にならなくなりました。

赤ら顔用化粧水第1位はこちら

育毛サプリは生える?

赤ら顔を治す方法5選トップページへ